てな訳で、プレイオフはあるけど、
ベイスターズのレギュラーシーズンは昨日終了。
大きな連勝も連敗もなく、
勝ったり負けたりを繰り返して、
途中何度も5割の壁に跳ね返されて、
それでも5割突破後は少しずつ貯金を増やして、
結果は73勝65敗5分、貯金8でセ・リーグ3位。

開幕前に個人的に希望していたのは、
最低5割、出来れば貯金3以上、
貯金3あれば、少なくとも3位争いはしているだろう、と、
そんな所でした。
ラミレス監督が試合後挨拶で言っていたけど、
良い日も悪い日もあったけど、最高のシーズンだった、
は、正にその通りかな、と。

ロペスが打点105で打点王、安打171で広島の丸と並んで最多安打で、
個人的にはチーム最優秀選手、
宮崎が.323で首位打者、
今永11、ウィーランド10、濱口10で3人の二桁勝利投手、
この辺りが優秀選手、ってところですかね。

まあ、3位になったと言っても課題は一杯あるし、
書き続けたら終わらないんで、
最後に、戦力外通告やチームを去っていく選手たちに、
今までありがとう&お疲れ様でした。
特に高崎と大原は現役引退を表明。
暗黒時代のエース高崎と、
勝ってても負けててもリリーフ登板して投げまくった大原は、
本当に感謝の気持ちしかない。
なんらかの役職でチームに残れたら良いなあ。
そして久保、
あんなに弱かったベイにFAで来てくれて本当に嬉しかった。
別のチームに行っても応援するよ。