n130821
てな訳で3日遅れでりっちゃん誕生日おめ絵、
りっちゃんは時期的に水着絵になり易い。


テンション上げようと思ってけいおんをBGVに流す。
りっちゃん最初の大きな見せ場は、
やっぱ1期最初の学際ライヴ、さりげなく澪の緊張をほぐしてあげるトコですか。
バカをやりつつも気配りが出来る、やっぱり部長だなあ、と。
そして音だけ聴いてるつもりが結局見入ってしまう罠。


-----


アニメ感想、ネタバレ注意
















・俺妹
最後は普通の兄妹に戻る、って事ではありましたが、
お話しとしては紛う方無き桐乃エンド。
若干残るモヤモヤ感はやっぱり、麻奈美の存在だなあ。
黒猫はまあ置いとくとして、
あやせや加奈子は京介が好きな相手が誰だかわからないままだったと思うけど、
全てを分かってる麻奈美としては当然納得出来る展開じゃないよなあ。
兄妹エンドって時点で全てが丸く収まるハッピーエンドになるわけが無く、
この何とも言えない後味の悪さもある意味当たり前なのかもしれん。
でもまあそれでも、
日和る事無くこういうラストに持っていった作者には拍手を送りたい。


多少、以前出たPSPのゲームと重なるところがありましたね。
でもホント、桐乃と麻奈美がお気に入りだった身としてはフクザツだわ・・・。


・傾物語
前回の阿良々木と忍のトークも面白かったけど、
血涙流して子供羽川に手を出すのを我慢する阿良々木とか、
このノリの阿良々木をみると、”ああ、物語シリーズだ”、と思いますねえ。
来週が楽しみ過ぎる。
でもそうか、あの時代だと阿良々木や羽川よりも八九寺のほうが年上なのか。


-----


これ書いてる今はもう直ぐ夜の1時、
2階の自室は相変わらず冷房切ると蒸してくるけど、
1階のリビングは冷房無しでも過ごせる気温。
このまま涼しくなってくれれば良いんだけど、まあ無理だろうなあ。
でも夜の帰り道で秋の虫の声なんかが聞こえ始めると、
気持ち涼しく感じるから不思議なものだ。